スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院へ行ったよ。
8日と9日、また横浜の病院へ行ってきたよ。1日目はいつも見てもらう女医先生。
病院へ着いて待合室に入ったらビックリ。知らないダックスちゃんが居たんだけど、頭の先からお尻、それに足の甲に細い針がいっぱい刺さってたの。KAKOもその姿を見てビックリしたらしいよ。でもその姿が怖くて私その子に向って吠えちゃったの。そしたらKAKOに怒られてしまった。「気持ちよく眠ってるのに」って。
飼い主のおばあちゃまからお話しを聞いたら、この子は体重が5㎏までなのに8kgまでなっちゃって歩けなくなってしまったんだって。それで先生の指導の下ダイエットをしながら針治療もしているんだって。ダイエットは3日で800gも減ったんだって。凄いでしょ。
そうこうしていると、おばあちゃまの妹さんと娘さんが帰って来られて、またまたビックリ。なんとその娘さんはあのしつけ教室などで超有名な相良直美先生。KAKOの年頃からだと歌手としてのイメージが強いんだって。
相良先生がKAKOとお話してたけど、「しつけ教室主催の飼い主の元で肥らせ過ぎるなんて本当に恥ずかしい話です」って。頭を抱えておられたの。実はこのダックスちゃんはおばあちゃまと妹さんが凄く大切に育ててて、超過保護みたいなの。だって私の鶏軟骨のおやつを相良先生がこのダックスちゃんに与えたら、おばあちゃまとい妹さん、「それは何?そんなに硬い物を与えた事がないから大丈夫なの?喉詰めないの?」ってオロオロ。相良先生がよく噛んで食べるから歯にも良いし、満腹感も得られるの」って言い聞かせてた。
そして、またまたビックリ。私達が待合室であった時には寝返りをうつ事も尻尾を振ることも出来なかったダックスちゃんが自由に寝返りをうち始め、尻尾をブンブン降り始めたの。針が効いたんだよ。良かったね。これからもダイエットと針は続ける事になりそうだけど、ダックスちゃんももう大丈夫。おばあちゃまも妹さんも「もう食べさせ過ぎません」て反省しておられたし。
私も食べ過ぎないようにしないといけませんね~。

DSCF0011s.jpg



今回もお泊りで病院に行きました。体調もOK、足の手術後の経過もとても良くてKAKOも大喜びだったよ。
ホッとしたって。
でも、また心配事も出来たみたい。レイアがね・・・
まぁ、まだ決まった訳でも無いけれど、KAKOにしてみるとそうも行かないみたい。
レイアがあまり歩くのを嫌がるのはそのせいだったのかとか、夏に調子が悪くなったあの時はそれが原因だったのかとか色々考え込んじゃってるみたい。
でも、帰ってきてからお友達のユリアちゃんの心臓手術が成功して、昨日ひとまず退院が出来た事を知って凄く嬉しいし、レイアもきっともし調子が悪くなっていたとしてもユリアちゃんの様に早期発見だろうから大丈夫だって言い聞かせてるんだって。
私もレイアは大丈夫だって思ってる。大丈夫!
 そうそう昨日病院の帰りにFanny faceっていうドッグカフェに行ったの。新興住宅街の中にある感じで時間が早かったので他のお友達は誰も居なかったけど、広くて綺麗なお店だった。そこで2日間頑張ったご褒美にレイアと私にヨーグルトアイスを食べさせてもらったよ。その後近くの公園でお散歩して、東京へ出張中のKazuponの帰りの時間に合わせて新横浜駅まで戻ったの。戻る途中、レンタカーにガソリンを入れたんだけど、この時のKAKOがお惚けもイイところ。生まれて初めて軽自動車を自分で運転したんだけど、いざガソリンを入れる時になって軽自動車って軽油なの?っていう疑問が湧いて来たんだって。それで、背中合わせでガソリンを入れていたおじさんに尋ねたら、「そんな事はないでしょぉ~、レギュラーですよ」って笑われたって。ホント馬鹿だよね。
Kazuponにもその話したら大笑いされて、KAKOむくれてた。でも、KAKOは軽自動車がかなりお気に入りになったみたいだよ。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © Luna&Reia's Diary. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。